HOME > 施工について

施工について

自然素材にこだわる

 

私たちの家作りに欠かせないもの、その中でも最も重要な材料が木材です。
木材は、古来より日本の住宅建築で使われてきた、ごく当たり前の材料になります。その理由は、調湿機能に優れ、人はもちろん環境にもやさしく、樹種によっては、抗菌性、防虫性、耐水湿性、断熱性などの特性を併せ持ち、日本の気候・四季に適応した最も優れた建築材料だからです。
MANABEがご提案・ご提供する家は、地元、香川の木(杉・桧)を多く使用しています。
雨量の少ない讃岐の地で、長い時間をかけて成長してきました。そして、育った環境と同じ場所で使われることで、気候や風土に自然と馴染むと考えられます。

 

地震に強い剛床工法

 

地震力は床や屋根に作用し耐力壁を経て基礎・地盤へ流れていきます。耐震設計の目的は、床や屋根に作用する地震力を建物を壊すことなく基礎・地盤へ流す事にあります。一般的に耐震設計では、耐力壁ばかりに注意が集まる傾向が強いですが、床や屋根も耐力壁と両輪のように働かなければならない重要な耐震要素になります。MANABEでは、地震や台風時に発生する水平力に対して強い「剛床工法」を採用しております。剛床工法とは根太を設けず床下地合板を厚くして、直接梁材に留め付ける床組工法のことで、部屋の大きさに関係なく910㎜間隔に格子状の梁を配置していきます。また梁の横揺れを防ぎ、強度を高めるため合板には屋外での使用も可能な接着耐久性が確保された「特類」の合板を使用して、1820㎜×910㎜(畳一帖)の床版を互い違い(千鳥格子) に骨組みに直接留めています。

安心を届ける耐震仕様

 

家族の未来を見据え、いざというときに家族を守る家は地震に強い家であってほしいと考えています。
私たちが建てる家は、高い耐震性&耐久性が特徴の「ダイライト」構造面材や地震に強い「ベタ基礎」を採用することで優れた耐震性能を実現した、「耐震等級3」の住まいです。
耐震等級とは、地震に対する建物の強さをお表す等級で、1~3の数値表示による3段階で表示されます。「耐震等級1」が建築基準法に定められている最低限の耐震性能で、地震強度6強~7の地震で即倒壊しないレベルですが、建物へのダメージは大きくなる可能性があります。
MANABEの家の標準仕様でもある「地震等級3」は等級1の1.5倍もの耐震性能を持ち、建築へのダメージも軽微になると考えられます。
災害にも強い家づくりで、家族の安心をお届けします。

 

 

 

快適を届ける高気密・高断熱

 

私たちは、自然環境をできるだけ壊さずに、次世代へと引き継ぐ義務があると考え、『夏涼しく冬暖かい』高気密・高断熱の家づくりを提案しています。
建物の隙間を減らして熱損失を少なくさせる高気密仕様の住まいは、冷暖房の効率をよくして、省エネ性能を向上させます。また、断熱材には唯一の生涯品質保証書が発行される「アイシネン」を採用し、熱損失の大きい窓には優れた断熱性能を発揮する樹脂サッシ&low-Eガラスを全邸に標準装備することで、高い断熱性を実現できます。
MANABEの高気密&高断熱の家づくりで、エネルギーロスが少なくて住みごこちのよい、快適な住環境をお届けします。

最良の技術と知恵+α

 

MANABEの天井は少し高い2m50cm~2m80cmを標準としています。天井が高いと圧迫感が薄らいで、「開放感」が生まれるからです。
窓や建具、明るさや、色、その空間での過ごし方、様々な要素で異なりますので暮らしや空間に合った「高さ」をご提案しております。
家を作りあげるという作業は、お客様にとってはもちろん、私たちにとっても、相当のエネルギーを要する一大事業だと考えているからです。
お客様の大切な財産形成を担うという、多大な責任を常に感じ、考え取り組んでいますが、それゆえに、最良の技術と知恵をもって、しっかりと目の行き届いた施工をお届けできるよう心がけています。

 

 

信頼される作り手として

 

日本の建築業者に対する信頼が大きく揺らぐ様々な偽装事件等。
非常に残念なことです。
私たちは、こうした一連の事態を決して他人事として捉えることなく、襟を正し、「法令等の絶対厳守」を徹底しています。
また、必要充分な耐震措置等の安全基準徹底管理を施しておりますが、
施工側による検査では、どうしても身内に甘い判断となる傾向があります。
MANABEは、第三者機関(※)による検査と保証を全棟に導入し、建築工事中の各種のチェック体制を確立させています。
信頼される作り手として、これからも常に真摯な姿勢で家づくりに携わってまいります。

第三者機関による調査は、㈱香川県建築住宅センター㈱ハウスジーメンにお願いしています。

保証は、アイシネン(断熱材生涯保証)住宅履歴

[MANABEからのご提案]


最長60年の長期保証 60年ロゴ

長期優良住宅をお届けするMANABEでは、大切な我が家に定期的な点検と適切なメンテナンスを施すことにより、最長60年の長期保証を実現します。長く住む家だからこそ、信頼の長期保証で安心できる暮らしをご提案します。


BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)について

BELS(ベルス)とは、建築物の省エネ性能を表現する第三者認証制度の1つで、省エネ性能を客観的に評価し、一次エネルギー消費量をもとに5段階の星マークで表示されます。MANABEも事業者の義務として、すべての家に表示マークを提示します。省エネ性能のランクが一目でわかるBELS表示に注目してみてください。


ZEH ゼロ・エネルギー・ハウスとは 

ZEH(ゼロエネルギー・ハウス)について「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロになることを目指した住宅」と定義しています。
今後日本はこのZEHによって温室効果ガス削減に貢献し地球環境にやさしい暮らしを目指していきます。政府は2020年には標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅での実現を目標にすると発表しています。
最近よく見聞きするZEHとは、ネットゼロエネルギーハウスのことをいいます。省エネをしっかり行うことで、エネルギー消費量をできるだけ少なくした上で太陽光発電などでエネルギーを作る「創エネ」も行い、自宅で消費するエネルギーと自宅でつくったエネルギーの差が「0以下」になる住宅のことです。


MANABEの今後のZEH普及率目標


 

平成28年度目標 平成29年度目標 平成30年度目標 平成31年度目標 平成32年度目標

ZEH受託率>

注文2% 注文5% 注文10% 注文20% 注文50%
既築0% 既築2% 既築3% 既築4% 既築5%
合計2% 合計7% 合計13% 合計24% 合計55%
家づくり
家づくりの考え方
施工について
家づくりの流れ
会社案内
完成見学会